n o t e(つゆ)

n o t e(つゆ)




2018 06 20 雨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一瞬の、初夏」、museumshop Tさんでの個展が終わりました。

ほんとうに初夏、一瞬でしたね。

 

見に来てくださったみなさま本当にありがとうございました。

貴重なお時間を頂いて嬉しかったです。

たくさんの方とお話しできて楽しかったです。

 

 

 

 

軽い紙を使い、壁から浮かせた展示にしました。

初夏の絵は空気をふくむ、軽いものにしたかったからです。

みんなが歩くと少しゆれました。

 

春から初夏、梅雨の始めの絵です。

 

このような時期の自分の気持ちの絵です。

季節も、日々も、生きるかぎりつづく、グラデーションのなか。

私は絵で切りとって描いて、みなさんに見ていただいたのでした。

来年の初夏はきっとまた、ちがう気持ちです。

 

季節を感じた時の気持ち、をテーマに描くことはまだつづけようと思います。

それって季節の情景を正確に描き写すこととはちがうので、

自分の状況にもよるし、苦手な季節も絵でかいてみたら違う面がみえたり、

前向きになれるのでいいなあと思っているところです。

 

 

 

 

今回は額のオーダーもお受けしました。

こんなようすの額、私が手作りします。

絵を買ってくださった方々ありがとうございます。

楽しみにおまちくださいね。

 

 

 

 

私は個展って、見に来てくださった方とお話するうちに、

「私こういうつもりで描いたんだ」と思うことがよくあります。

 

心のなかのことを具体的に言葉にしだすということかな。

だから個展の完成は2回あるとおもう。

搬入の日と、最終日。

 

 

 

 

例えば、ピンクの話。

ピンクがいっぱいの絵って今までなかったですねという話になって、

実際の花をみて感動してあの色を描こうと思って使った色なんですよ、とか。

 

例えば、ぜんぶ女の子が真ん中にいるねという話になって、

真ん中にいる、というのは初夏にまっすぐ手をのばすように、

主役を主役にするという気持ちからだよ、とか。

 

話しながら出てくる言葉だから、会話といえば会話で、絵の正解とは違うのだけど、

そういう時の気持ち、あれなんだろう。

楽しい気分。

やっぱり考えるのが好きなのかな?

 

ほかにも色々あったけど、面白いなと思ったのは、

「止まっている」「動いている」、どちらも感想で聞けたことです。

なんでかなって考えたけど、これは次の絵につなげてみたいと思うので心にしまってみます。

 

そしていつも聞かれるけれど、

今回一度もご質問がなくハッとしたこと、絵にお話はあるんですか、です。

私がやりたかったこと、ひとつの空間で絵の流れを描くこと、

みなさんに伝わったんだなと思って、とってもとっても嬉しかった。

 

読み取ってくださって、ありがとうございました。

絵をみることってそれなりにパワーがいることだと思うので、

ただただ、嬉しいな、、という気持ちでした。

 

 

 

 

 

 

お花を友人にお願いしました。

 

彼女は期間中なんども足を運んでくれました。

 

circusさんにクッキーをお願いしたことでも思ったけど、

花や食べ物には鮮度というものがあり、

それを生業にしている人たちのこまめな繰り返しのおかげで、

おいしいなとか美しいなって楽しませてもらっているんだって、

近くにいてとてもわかりました。

 

友人が花を活けているあいだ、印象的だった一瞬があって、

それはグラフィックデザイナーのマルヤマさんと、

本の店長さんと、花の友人がそれぞれの仕事に没頭している長い、一瞬。

私は椅子に座って、その仕事の海にただようばかりで、幸せでした。

 

大人は最高なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

この季節は一瞬、髪を結ぶ動作のように。

そして、髪は雨をうける。

夏にむけて、体に水をたくわえる。

 

よかったらまた、見に来てくださいね。

今年はまだまだ、描きます。

その時はまた、よろしくお願いします。

 

 

kansou23:19 。。。。



2018 06 03

 

5月のブローチの感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

5月もご覧頂いただきありがとうございました。

 

31枚の絵をかきました。

 

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

 

 

5月は、、5月は、、

 

個展のことばかりしていて毎日のことが思いだせないのですが、

今こうしてぶじ個展が開催できていることと、

DMを出してみなさまに足を運んでいただいていること、

ブローチが生まれていることを見渡すと、

繰り返し生きていたのだなと思いました。(毎月この感想ばっかり)

 

今回の個展は初めてお会いする方も多く、ブローチ楽しみにしていますと、

言ってもらえて嬉しい毎日。

 

ご自分の誕生日の日のブローチの画像を見せてくれたり。

好きなイラストレーターの方が来てくださって、

清水さんおかしいんじゃないかって言ってくれて笑ったり(かなり嬉しかったー)。

その方も毎日、花の絵を描いているのです。

 

自分を支えるためにやっていることは、自分をすくう、と思います。

そのうえ、誰かに伝わるともっと嬉しい。

こういった個展の場で、これからも楽しみにしていますと、

伝えてくださる素直さかわいらしさにじわじわと感動しているところです。

 

楽しみにしているものを楽しみっていえることは、すごくよいことだよね。

 

 

 

 

この大きな団地の花壇の手入れは誰がやっているのだろう?

いつもきれい。突然あたらしいお花が植わっていたりする。

なにか団地の組合でスケジュールがあるのかもしれない。

とも思うけど、ないと思う。

花壇をよく見て、天気予報を確認して、

涼しい時間に土のにおいの中、だれかがやっているのだろうな。

感動しちゃうよ。

 

花が好き、花のため、というのもあると思うけど、

そこには自分のためいう気持ちも含まれるのではないかしら。

花に触れると落ち着く、とかいい気分、とか。

 

自分のため、は自分のためで終わってもいいのだけど、

どうやってもこぼれおちる、まわりへの影響があるならば、

私は美しいものをこぼしたいかなあ、と花壇の先輩の仕事をみて、おもう初夏でありました。

 

 

個展「一瞬の、初夏」は6/10まで、国立のmuseumshop Tさんにて、

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

365日のブローチ = 小さな絵11:01 。。。。



2018 05 28

 

 

 

 

 

 

 

「一瞬の、初夏」はじまりました。

 

今回ははじめての場所、museum shop Tさんです。

早速たくさんの方にご覧頂きました。

みなさまありがとうございます。

 

今回の展示では初夏を描きました。

緑色が描きたい、と思ったのがきっかけです。

緑に向き合いました。

 

入り口から時計まわりに、絵が繋がっています。

自由な順番でよいけれど、より楽しめますよ。

 

 

 

 

museum shop Tさんは国立にある「地域の文化と本のあるお店 」です。

 

私が感じるのは、

地域の作家と、本と、どこからきたのか分からない、そこにいたものたちがまざるお店です。

私は立川在住なので「地域の作家」なのだろうけど、

「どこからきたのか分からないそこにいたもの」もいいなあ。

主観を書いてしまいましたが、時間たっぷりでお越し下さい。

きっと楽しいよ。

 

 

 

 

私は最近、

季節、天気、植物を見たり感じた時の自分の気持ちの変化、をテーマに描いています。

 

春や秋が好きで、自分の精神には春や秋があると思う。

春は、生き物がうごきだす小さな力のざわめきを感じる。

秋は、冬への準備をしながら、あたたかな陽を惜しみ、影をみつめる時間。

 

さて、初夏はひとこと、爽やか、な感じです。

私はこの爽やかという言葉がちょっと扱えなくて、

この言葉のまっすぐさに距離をとっていました。

 

その反面、初夏が似合う人にあこがれる。

美しいと思う。

まわりにそういう人が何人かいる。

日々関わっていると、その人にもざわめきや、影の部分もあることがわかる。

私が春や秋に感じる情緒は確かにもっていて、それを持ち合わせている初夏が似合う人たちなのだ。

 

初夏は一瞬で終わる。

だからこそ、初夏が似合う人はこの時期に全力で爽やかでいられるのかも。

初夏が似合う人は、単に爽やかなのではなく、

すぐに終わる「爽やか」にまっすぐ手をのばすことができる人なんじゃないかな。

きっと「桜」や「雪」、「誕生日」にもまっすぐ手をのばせるのだろう。

腕組みしてその構造を考えたりしないのだろう。

私もそうなりたいな。明るいよね。

明るい方向へ歩く。

 

そんなことを、個展が始まって、絵をながめていて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

circusさんとのspecial set、とっても好評です。

 

circusさんとTさんはご近所で、

それぞれに興味のある方々が、つながっていけばいいなと思いチャレンジしました。

とはいえ、circusさんと内容について試作しあうのは純粋に楽しく、良い時間でした。

クッキーにロマンを感じる日々でした。

かじると粉をまとうでしょう、美しいなあと思いました。

circusさんも初夏が似合う人。

 

賞味期限の関係で前半/後半にわけてのご用意となります。

前半は完売しました。

後半は6/2入荷です。

数に限りがあり、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

 

 

 

 

冊子もつくりましたよ。

新しい絵が入っています。

印刷、製本も自分でやっています。

 

表紙に少女を真ん中においたのが、私なりの初夏です。

 

 

 

 

そして額です。

 

こちらも自分で作っています。

今回展示している絵は、額に入っていないので、

ご希望の方には、このように額装して7月中にお渡しします。

もちろん絵のみのご購入も可能です。

よい感じにできたので気に入っています。

 

ぜひお部屋で楽しんでいただきたいです。

 

 

 

 

初夏は一瞬で終わるので、よく見ておこうと思うよ。

個展「一瞬の、初夏」、6/10まで、

ご予定があいましたら、よろしくおねがいします。

 

 

tsumoru23:09 。。。。



2018 05 01

 

4月のブローチの感想を描きます。

 

 

 

 

 

4月もご覧いただきありがとうございました。

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

個展の準備や、お仕事の絵のことをしながらのブローチでした。

あいかわらず、ブローチを毎日続けているおかげで、

ふだんの絵に入りやすいなと思います。

もし私はスランプだ、と感じたら、

精神的なものではなく身体からのもの、なのかもしれません。

 

 

30枚のブローチをみて思いだすこと。

 

今年は春が、信じられないくらい美しいと思いました。

少し苦しいほど。

言葉にあらわせないほどです。

なのでブローチや、個展の絵にこめました。

花の絵がいつにも増して多く、私は花に興味があるんだなって、改めて思いました。

 

個展の絵をもとにして、ブローチに絵を描いた日もありました。

いま描いている絵から描くので、いきいきとする気がします。

半年後に、この春の絵を見ながらブローチに描いても、

それはまたちがうものになる気がする。

一日、一日をこめたいブローチです。

 

 

 

 

 

 

また、体調がすぐれない日があって、次の日になってしまったことがありました。

 

ブローチはまず自分の心のために描いているので、

無理して描いても本末転倒なのでおとなしく眠っていました。

自分にための先の、いずれきっとだれかが身につけてくれること、を想うと、

それで良かったなと感じました。

展示と販売は2019年の春です。お楽しみにです。

 

 

4月は、100枚めの通過もあり描いたなーと沁み入りました。

自発的に、毎日同じことを続けていられるのは生まれて初めてです。

私よりがんばっている人はいると思うけど、

私なりによくがんばった、と思うことができました。

(これは友だちの神田亜美ちゃんが昔言っていた言葉で、

かんださんらしくて好きだし、ほんとそうだなと思ったものです。)

 

5/25から個展が始まります。

一瞬の、初夏という名前をつけました。

さあて、一瞬で終わってしまう、かがやく初夏を、見逃さずにいられるでしょうか。

 

よかったら、見に来てくださいね。

 

 

 

 

 

365日のブローチ = 小さな絵11:52 。。。。



2018 04 01

 

3月のブローチの感想を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月になりました。

 

このパソコンを使う机からみえる窓の木は、なんと桜でした。

葉や実から調べてみたけどわからなくて、まあ春をまちましょうかとまっていたら、桜。

うれしいなあ。

ウグイスの声もきこえます。

 

3月は小さな絵を31枚描きました。

こちらに全体をのせました。

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

 

3月は暖かいと思ったら意外と冷えるものですが、

これぞ春といった感じです。

 

好きな季節なのですが、もっとも体がとまどう時期ともいえます。

とはいえ花が育っていくのを見るだけでも楽しい。

そんな中、1枚1枚描いた蓄積をながめて、毎日生きたんだなあと思いました。

私もあなたも、おつかれさまでした。

 

夜まっさらなブローチにむかうと、

一日の楽しかったことは、幸せに染み込んでいって、

一日のいやだったことは、まあいいかとぽーんと放っちゃう。

 

(本当は、完全に放ることはできません。

でも絵を毎日描くことで、すこし離して見ることはできます。

自分の本文に戻れるからかな。ほんとうに大切にしたいことはなに、って。)

 

絵の具を使っているのに、絵の具という道具ではない部分で、

色がでてくるおもしろさを毎日みている。

 

心が湧きでているともいえるし、偶然だよと言えばそうともいえる。

どっちもそうだなと思います。

そうすると心は毎日偶然なのでしょうか。

毎日偶然が湧く?

なんかいいね。

 

偶然も365回やってみたらどうなるかな。

 

 

私は4月は、5月の個展のために絵を描きます。

そのあいまにブローチも描いていくことになり、

さらにあいまに他の絵も描くよ。

さー、楽しく過ごせるかな。

 

4月もよかったら、みてくださいね。

ありがとうございました。

 

365日のブローチ = 小さな絵12:30 。。。。



2018 03 19

 

 

 

 

トキオリ書房企画展『3人の読んだ景色』、終わりました。

ありがとうございました。

春先の花粉も多いこの時期、貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました。

 

トキオリ書房さん、Gallery Cafe3、

お料理担当o3njiさんには大変おせわになりました。

田辺俊輔さん、TAKAHASHI AYACOさんの絵もすてきで、

ご本人も面白くて楽しい2週間でした。

お2人から学ぶことが多くありました。

網が網をよぶように知り合いがつながっていることを実感した日々でもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はしつこいようだけど、自分でいいなあと思える絵がかけたことが嬉しかったです。

 

描いていたのは1月−2月なので、もう次の絵のために私の背後を流れている感じではありますが、

そう思えたことがまず良かったです。

 

私なりの絵とお話の関係、まだ答えはでません、、その関係に名前がつきません。

でも、中心、ということとつながる気がする。

(くわしくはトキオリ書房のzine〈トキオリ書房通信01〉に書きました。)

(トキオリマークの可愛さといったら、、)

 

描くことでさらにむきあってみます。

たのしみです。

 

 

 

 

 

 

グループ展が久しぶりだったので、この温かさなつかしい、とも思いました。

みんなで同じ方向をむいている安心と、でも自分のことをしっかりやろうという心がけ、

そのバランスが前よりとれるようになっていました。

 

会場の3は、2012年に個展をさせていただいた場所なので、

ただいまっと帰れたことも嬉しかったです。

帰れる場所があるから、新しい場所にいけるんだなって、最近おもう。

東京にはそういう場所がいくつかあります。

 

本やスカーフを買ってくださった方へ、ありがとうございます。

楽しんでもらえると嬉しいです。

私は田辺さんとタカハシさんのカードと、

トキオリさんの選書「黄色い目の魚」をお買い物しました。

 

本、もっと読みたいなと思いました。

トキオリさんに質問されて気付いたんだけど、

いつも、本を読みながら映像とか、自分の絵で情景がうかびます。

椅子に座りながら豊かな時間になるし、

静かに心が動くので本がやっぱり好きです。

てっとり早く実を得られるわけではないけれど、

重なっていく想像はあなどれなくて、

文字が読めるうちは続けたほうがいいかも、と感じました。

 

次は、5月に国立で個展です。

そして今年は、いろんな新しい場所にいくことになりそう。

ブローチも毎日かくよ。

 

よかったら、また絵をみにきてくださいね。

 

 

kansou20:43 。。。。



2018 03 14

 

 

 

 

 

「3人の読んだ景色」、

たくさんの方にお越しいただきましてありがとうございます。

折りかえしまして、18(日)までです。

土日は在廊します。

みなさまとお会いできること楽しみにしています。

 

トキオリ書房さん作のzineは読んでもらえたかな。

3人のインタビューがのっています。

私もながながと書かせていただきました。

みんなの文章読むの楽しいです。

トキオリさんすごくがんばっていたから、

がんばりを近くで見れたことも嬉しかったです。

 

絵ができて、インタビューの文章をトキオリさんにお渡しした時、

本当に参加してよかったなあと思いました。

自分にとって絵にもう一歩、ふみこむことができたこと、

それに対して考えることができたからです。

 

今回は3人の絵描きが、3冊ずつ好きな本を選んで絵を描きました。

 

私は、川上弘美さんの「大きな鳥にさらわれないよう」、

吉本ばななさんの「TUGUMI」、

サン=テグジュベリさん(内藤濯訳)の「星の王子さま」。

 

私なりの絵とお話の関係ってどんなものだろう。

それは文章があって挿絵がある、といった単純な関係ではないなと思います。

文章を読み、
感動しておもわず涙がでた言葉、
自然にイメージがわいた場面、
かわいいなと思った仕草、
そんなものを一度自分にとりこんで、私がここにいたらこんな感じになるかな、
という気持ちで描きました。

絵をみていただく時に、
絵にお話があるのですか?とよく聞かれます。
ご質問がうれしく、いろいろと答えを巡らせているのですが、
今のところわからなくて、でも向き合ってみたいという思いがありました。

まずはもともとある文章から描いてみたいなと思い参加を決めました。

 

よかったら、見に来てくださいね。

よろしくお願いいたします。

 

 

以下、写真つきで色々ご説明です。

 

 

 

 

 

 

 

個人的につくった冊子です。

ぜんぶの絵が入っていますよ。

 

 

トキオリ書房さん作のzineに入っている栞。

田辺さん、TAKAHASHIさんとのランダムです。あけておたのしみ。

 

 

トキオリプレート

3人の絵のイメージの特別なおやつ。

私の絵からは金柑のコンポートをイメージしてくださいました。

惑星、月のまるですね。

 

 

クッキーもあります。

3冊ともちがうお味です。

 

もりだくさんな「3人の読んだ景色」です。

高円寺のGallery cafe 3 でおまちしています。

時間は15時ー22時、最終日のみ20時までです。

 

tsumoru16:57 。。。。



2018 03 01

 

2月のブローチの感想を書きます。

 

 

3月になりました。

 

私はこの2月から3月の季節が好きです。

春うまれというのもあるのかな。

ちょっと懐かしい感じ。

 

2月のブローチの集まりをのせました。

ご覧いただきありがとうございました。

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

365日のブローチがはじまってから2ヶ月たちました。

友だちとか、出会った方にブローチみてます、って言ってもらえて、嬉しいなあって思います。

 

2月は、この365日のブローチの展示会をやる場所が決まりました。1年後の春です。

スタッフの女の子たちが、

どこかで買えるのかなあ、これもこれも、、いいなあって思ってます!と言ってくださいました。

その気持ちや見てくれていることががとても嬉しかった。

好きな場所でのワクワクの気持ちがつまった1年後が楽しみです。

 

毎日自分の心を支えながらも、

それが一日で完成するもの、

ゆくゆくは誰かが楽しめるもの、を

つづけてみたいという気持ちもあったので、

1年後に実現できることがわかり安心とよろこび、です。

 

 

 

 

今日、この写真をとるために、1つ1つ並べていて、

この日は勇気だしたな、この時期に梅が咲き始めて可愛いなあ、と思いだしていました。

いい一ヶ月だったような気持ちになりました。

画家10周年の画集を作ってもらったとき、

自分の人生がいいもののように思えた、と思ったのですが、

蓄積をならべるというのは、そういった感想がわくものなのかもしれませんね。

 

先月にひきつづき、ブローチのおかげで「いい日だった」とも毎日思っています。

いい一日だった、いい一ヶ月だったような気がする、

その塩梅で私は充分しあわせ、生活はつづく。

 

3月もよろしくおねがいします。

 

 

 

昨日はこの絵を並べて撮影をしていたので、

並べるって自分にとってけっこう、大事なのかな?と考えていた。

 

この絵は来週から始まる「3人が読んだ景色」の絵です。

(いいなあと思える絵ができたんです、、嬉しい、、)

 

田辺俊輔さん、TAKAHASHI AYACOさんの絵、

トキオリ書房さんのzineや空間の工夫を、ぜひみていただきたいです。

 

365日のブローチ = 小さな絵13:55 。。。。