n o t e(春)

n o t e(春)




2018 04 01

 

3月のブローチの感想を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月になりました。

 

このパソコンを使う机からみえる窓の木は、なんと桜でした。

葉や実から調べてみたけどわからなくて、まあ春をまちましょうかとまっていたら、桜。

うれしいなあ。

ウグイスの声もきこえます。

 

3月は小さな絵を31枚描きました。

こちらに全体をのせました。

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

 

3月は暖かいと思ったら意外と冷えるものですが、

これぞ春といった感じです。

 

好きな季節なのですが、もっとも体がとまどう時期ともいえます。

とはいえ花が育っていくのを見るだけでも楽しい。

そんな中、1枚1枚描いた蓄積をながめて、毎日生きたんだなあと思いました。

私もあなたも、おつかれさまでした。

 

夜まっさらなブローチにむかうと、

一日の楽しかったことは、幸せに染み込んでいって、

一日のいやだったことは、まあいいかとぽーんと放っちゃう。

 

(本当は、完全に放ることはできません。

でも絵を毎日描くことで、すこし離して見ることはできます。

自分の本文に戻れるからかな。ほんとうに大切にしたいことはなに、って。)

 

絵の具を使っているのに、絵の具という道具ではない部分で、

色がでてくるおもしろさを毎日みている。

 

心が湧きでているともいえるし、偶然だよと言えばそうともいえる。

どっちもそうだなと思います。

そうすると心は毎日偶然なのでしょうか。

毎日偶然が湧く?

なんかいいね。

 

偶然も365回やってみたらどうなるかな。

 

 

私は4月は、5月の個展のために絵を描きます。

そのあいまにブローチも描いていくことになり、

さらにあいまに他の絵も描くよ。

さー、楽しく過ごせるかな。

 

4月もよかったら、みてくださいね。

ありがとうございました。

 

365日のブローチ = 小さな絵12:30 。。。。



2018 03 19

 

 

 

 

トキオリ書房企画展『3人の読んだ景色』、終わりました。

ありがとうございました。

春先の花粉も多いこの時期、貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました。

 

トキオリ書房さん、Gallery Cafe3、

お料理担当o3njiさんには大変おせわになりました。

田辺俊輔さん、TAKAHASHI AYACOさんの絵もすてきで、

ご本人も面白くて楽しい2週間でした。

お2人から学ぶことが多くありました。

網が網をよぶように知り合いがつながっていることを実感した日々でもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はしつこいようだけど、自分でいいなあと思える絵がかけたことが嬉しかったです。

 

描いていたのは1月−2月なので、もう次の絵のために私の背後を流れている感じではありますが、

そう思えたことがまず良かったです。

 

私なりの絵とお話の関係、まだ答えはでません、、その関係に名前がつきません。

でも、中心、ということとつながる気がする。

(くわしくはトキオリ書房のzine〈トキオリ書房通信01〉に書きました。)

(トキオリマークの可愛さといったら、、)

 

描くことでさらにむきあってみます。

たのしみです。

 

 

 

 

 

 

グループ展が久しぶりだったので、この温かさなつかしい、とも思いました。

みんなで同じ方向をむいている安心と、でも自分のことをしっかりやろうという心がけ、

そのバランスが前よりとれるようになっていました。

 

会場の3は、2012年に個展をさせていただいた場所なので、

ただいまっと帰れたことも嬉しかったです。

帰れる場所があるから、新しい場所にいけるんだなって、最近おもう。

東京にはそういう場所がいくつかあります。

 

本やスカーフを買ってくださった方へ、ありがとうございます。

楽しんでもらえると嬉しいです。

私は田辺さんとタカハシさんのカードと、

トキオリさんの選書「黄色い目の魚」をお買い物しました。

 

本、もっと読みたいなと思いました。

トキオリさんに質問されて気付いたんだけど、

いつも、本を読みながら映像とか、自分の絵で情景がうかびます。

椅子に座りながら豊かな時間になるし、

静かに心が動くので本がやっぱり好きです。

てっとり早く実を得られるわけではないけれど、

重なっていく想像はあなどれなくて、

文字が読めるうちは続けたほうがいいかも、と感じました。

 

次は、5月に国立で個展です。

そして今年は、いろんな新しい場所にいくことになりそう。

ブローチも毎日かくよ。

 

よかったら、また絵をみにきてくださいね。

 

 

kansou20:43 。。。。



2018 03 14

 

 

 

 

 

「3人の読んだ景色」、

たくさんの方にお越しいただきましてありがとうございます。

折りかえしまして、18(日)までです。

土日は在廊します。

みなさまとお会いできること楽しみにしています。

 

トキオリ書房さん作のzineは読んでもらえたかな。

3人のインタビューがのっています。

私もながながと書かせていただきました。

みんなの文章読むの楽しいです。

トキオリさんすごくがんばっていたから、

がんばりを近くで見れたことも嬉しかったです。

 

絵ができて、インタビューの文章をトキオリさんにお渡しした時、

本当に参加してよかったなあと思いました。

自分にとって絵にもう一歩、ふみこむことができたこと、

それに対して考えることができたからです。

 

今回は3人の絵描きが、3冊ずつ好きな本を選んで絵を描きました。

 

私は、川上弘美さんの「大きな鳥にさらわれないよう」、

吉本ばななさんの「TUGUMI」、

サン=テグジュベリさん(内藤濯訳)の「星の王子さま」。

 

私なりの絵とお話の関係ってどんなものだろう。

それは文章があって挿絵がある、といった単純な関係ではないなと思います。

文章を読み、
感動しておもわず涙がでた言葉、
自然にイメージがわいた場面、
かわいいなと思った仕草、
そんなものを一度自分にとりこんで、私がここにいたらこんな感じになるかな、
という気持ちで描きました。

絵をみていただく時に、
絵にお話があるのですか?とよく聞かれます。
ご質問がうれしく、いろいろと答えを巡らせているのですが、
今のところわからなくて、でも向き合ってみたいという思いがありました。

まずはもともとある文章から描いてみたいなと思い参加を決めました。

 

よかったら、見に来てくださいね。

よろしくお願いいたします。

 

 

以下、写真つきで色々ご説明です。

 

 

 

 

 

 

 

個人的につくった冊子です。

ぜんぶの絵が入っていますよ。

 

 

トキオリ書房さん作のzineに入っている栞。

田辺さん、TAKAHASHIさんとのランダムです。あけておたのしみ。

 

 

トキオリプレート

3人の絵のイメージの特別なおやつ。

私の絵からは金柑のコンポートをイメージしてくださいました。

惑星、月のまるですね。

 

 

クッキーもあります。

3冊ともちがうお味です。

 

もりだくさんな「3人の読んだ景色」です。

高円寺のGallery cafe 3 でおまちしています。

時間は15時ー22時、最終日のみ20時までです。

 

tsumoru16:57 。。。。



2018 03 01

 

2月のブローチの感想を書きます。

 

 

3月になりました。

 

私はこの2月から3月の季節が好きです。

春うまれというのもあるのかな。

ちょっと懐かしい感じ。

 

2月のブローチの集まりをのせました。

ご覧いただきありがとうございました。

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

365日のブローチがはじまってから2ヶ月たちました。

友だちとか、出会った方にブローチみてます、って言ってもらえて、嬉しいなあって思います。

 

2月は、この365日のブローチの展示会をやる場所が決まりました。1年後の春です。

スタッフの女の子たちが、

どこかで買えるのかなあ、これもこれも、、いいなあって思ってます!と言ってくださいました。

その気持ちや見てくれていることががとても嬉しかった。

好きな場所でのワクワクの気持ちがつまった1年後が楽しみです。

 

毎日自分の心を支えながらも、

それが一日で完成するもの、

ゆくゆくは誰かが楽しめるもの、を

つづけてみたいという気持ちもあったので、

1年後に実現できることがわかり安心とよろこび、です。

 

 

 

 

今日、この写真をとるために、1つ1つ並べていて、

この日は勇気だしたな、この時期に梅が咲き始めて可愛いなあ、と思いだしていました。

いい一ヶ月だったような気持ちになりました。

画家10周年の画集を作ってもらったとき、

自分の人生がいいもののように思えた、と思ったのですが、

蓄積をならべるというのは、そういった感想がわくものなのかもしれませんね。

 

先月にひきつづき、ブローチのおかげで「いい日だった」とも毎日思っています。

いい一日だった、いい一ヶ月だったような気がする、

その塩梅で私は充分しあわせ、生活はつづく。

 

3月もよろしくおねがいします。

 

 

 

昨日はこの絵を並べて撮影をしていたので、

並べるって自分にとってけっこう、大事なのかな?と考えていた。

 

この絵は来週から始まる「3人が読んだ景色」の絵です。

(いいなあと思える絵ができたんです、、嬉しい、、)

 

田辺俊輔さん、TAKAHASHI AYACOさんの絵、

トキオリ書房さんのzineや空間の工夫を、ぜひみていただきたいです。

 

365日のブローチ = 小さな絵13:55 。。。。



2018 02 02

 

1月のブローチの感想を書きます。

 

 

 

 

365日のブローチ = 小さな絵

1月のブローチの集まりをのせました。

31枚の小さな絵。

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

お正月から始めて1ヶ月がたちました。

本当に、やってみてよかったなと思います。

 

理由はいくつかあります。

 

まず思いつくのが、一日の終わりにブローチを描くことで、

「いい1日だった」、と思えるということです。

 

私は絵と同時に、外の仕事をしています。

外の仕事から帰って、夕ご飯をつくり、お風呂に入り、

ブローチを描いて、そういう気分になります。

とくにいやなことがあったわけでもないのですが、

夜、絵に戻るということは、私にとって本文に戻るということで、

ブローチがあってよかったなと思います。

 

もちろん毎日、すっすと筆がうごくわけではありません。

満足できなくて、何度も描きなおす夜もあります。

 

でも、その苦労も含めて、絵ってそういうものだよねと思っています。

今のところはあんまりつらいということはありません。

これからはそういう日もあると思うけど、、。

その時は、その時のわたしで。

 

あと、絵がやっぱり好きだなと思いました。

何度目かな?何度でも。

 

2月からもよろしくお願いします。

毎日や、何日かに1回、見てくださってるあなたへ、ありがとうございます。

 

 

365日のブローチ = 小さな絵16:52 。。。。



2017 12 31

 

 

 

 

大晦日です。

今年もありがとうございました。

 

曇りや雨と聞いていましたが、私の住む部屋にはたまに日が差しています。

今年は引っ越しができてよかったです。

日常、目にはいってくるものというのはどうやら大切みたい。

いまは葉もおちて、すこしくすんだ冬景色が窓の外に広がっています。

部屋からの景色もそうだけど、引っ越ししたので日常の足も変わって、

電車に乗ったり歩いたり、バスに揺られたりが加わり、

季節の変化がより目にとびこんでくるようになりました。

あんなに毎日乗っていた自転車も今は買い物に行く時くらい。

自転車いままでありがとう。

 

特に今年は秋かしら。

秋の枯れ葉と太陽の光がまざるのは、こんな芸術があるんだって、はっとする毎日でした。

なるほど景色を描きたいとおもうはずだわ、絵の先輩たちも。

写真でぱちりととればこの秋をとどめられる。

写真ではなく絵で忠実にこの秋をとどめる。

忠実にではなく、自分なりの色でこの秋をとどめる。

色々な方法がありそう。

ちょっと若いころはわからなかったかも。

 

 

絵にかんしては、

今年は自分にとって絵のなかの女の子がどういう存在であるかということと、

絵を通してどう感じてもらいたいかを、言葉にすることができて、そのことがよかったです。

私にとって、とても変化に思いました。

絵の先輩たちからみればまだまだの私ですが、

でも自分の人生の中で、そう思えたことを大切にしようと思います。

来年からプロフィールなどにかいていこうかなと思います。

言葉にすることで伝わったなと思える瞬間が増えたから、

もうやってもいいのかなと思います。

 

もうひとつの変化は、カードやレターセット、小さな原画をつくったこと。

そういう小さな絵がたくさん私のもとから旅だっていった1年でした。

この前かったカードを部屋のいいところに飾ったんです、

女性たちが(男性の方もいらっしゃいますが)、教えてくれる。

どんな思いがこめられているんだろうね。

日常を生きるための小さな工夫に涙がでそうです。でます。

ありがとうございました。

とはいえ、私は画家なのでみりょくある原画、大きな絵もかかないとね。

いつかきっと大きな絵も、迎えていただけるようがんばります。

ずっとおまちしています。

 

 

 

 

あとは、今自分の近くにいてくれる人たちとより仲良くなれたのがよかったなと思います。

 

ああ気付けば、この人との付き合いも長いなとふと思う人がまわりに多く、

私はもうノリの、カラオケ!朝まで!というようなお付き合いはあまりできないのですが、

そんなだれかにとってはあくびがでちゃう、退屈な自分の人付きあいの中でも、

ずっとつきあえる友だちというのはありがたいなあと安心感を得た1年でした。

なにをしてなくとも一緒にいる時間が多いほうが、その人となじむというのはあきらか、ね。

友だちでも、仕事でであったみなさまでも。

 

来年は3月、5月と、奇数の月に展示の機会を頂きました。

これからもつづくご縁となりますように、

悩みながらもごきげんに、絵を描きたいと思います。

 

お正月におしらせもありますよ。

 

 

 

よいお年をお迎え下さい。

 

 

2017 12 31   清水美紅より

 

tsumoru15:02 。。。。



2017/10/1

 

 

10月になりました。

 

 

 

 

 

SUNNY BOY BOOKSでの個展「新しいかけらと秋の仕草」が終わりました。

 

絵を見にきてくださった方へ、ありがとうございました。

とっても楽しく、さまざまな気持ちになりました。

 

絵や、新しい本と画集や、おきもの、レター、スカーフ、カード、

買って下さったみなさまありがとうございました。

生活のなかで、楽しんでもらえたらうれしいです。

 

(新しい本はうりきれてしまいました。

うれしいな。

増刷したらまたおしらせしますね。)

 

 

 

 

 

 

新しい絵はかけらのかたちの絵でした。

 

何かを思いだすのが好き。

秋はとくに、思いだす季節です。

年中、私にとって思いだすことは大切なこと。

記憶が大きな面だとしたら、思いだす場面だけ、かけらのように浮かぶ。

何かを思いだして、今をかみしめることが、生きる味。

 

リンゴの蜜みたいな感じ。

 

 

 

 

 

 

今回は人生いち長く感じる個展でした。

 

サニーの外のガラスに搬入の時に白だけで絵をかきました。

 

リンゴと女の子の絵なんだけど、

在廊に来るたびにリンゴを赤くぬりました。

それはさまざまな気持ちで描く時間でした。

個展中は時間がなびくのによく気付けます。

笑いながら、泣きながら、ぼんやりしながら、おしゃべりしながら。

それをリンゴの赤にこめてきゅっきゅとぬりました。

 

 

リンゴがリンゴだとわかるくらいにはっきりぬることができたように、

今回、はっきりできたことがいくつかあります。

それは個展にむけてコラムを書かせてもらったことで得られたことです。

 

青やそのほかの色のこと。

 

絵のなかの「おんなのこ」の存在と、

そこから始まる私とあなた。

 

最近、興味のある季節について。

 

子どものころの性格や絵にまつわること。

 

質問スタイルは店主のサニーさんにお願いしました。

時間をたくさん使ってくださったのだなとわかる、

ご質問と感想を毎回いただいたことがありがたかったですし、

個展の準備として書くことで、

じっさいの期間中にはみなさんからいただいた感想を、

より、すっとすなおに感じとることができました。

 

言葉にしてこなかったことを言葉にして、

心の真ん中がどっしりしたのかな。

 

真ん中がどっしりするとそのまわりが風通しがよくなるイメージ。

 

ことばがそこにすっとはいってくる。

 

(コラムここでよめますよ。

http://www.sunnyboybooks.jp/author/miku-shimizu/

 

 

言葉にしない曖昧も好きだけど、はっきりもいいものですね。

曖昧はやきいもみたいで、はっきりはぶどうかな。

秋の味覚で例えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵をみてくれる方が、同じ絵をみているのに、

それぞれ気付くところがぜんぜん違うのがおもしろい。

 

毎回みてくれる方が今回の絵でそこに気付いてくれたんだ、とか。

例えば目に色が入ったね、とか。

 

ぱっとみて人物に目がいくひとといかないひとがいたり。

色が好きといってくれたり、線が好きといってくれたり。

線の色が紫と気付いてくれたり。

楽器演奏する絵すごくむずかしそう!と楽しそうに。

(むずかしかったです!)

 

それぞれだけど、秋のここにいるのは同じ。

ここで生きていることは同じ状態だなって思う。

 

 

私は個展が終わった翌日はとても幸せな気持ちになります。

心が充実していて、頭があまりはたらかないから、心がでてくる。

ごきげん。

ごきげんってとってもいいな。

 

またいつか思いだす、今日。

パレットで色つくりながら、

世界堂で画材を選びながら、

プリンターで印刷しながら、

思いだそう今日を。

 

新しい思い出、新しいかけらたくさんできました。

 

絵をみてもらうことって私にとって、まるつけていただくような嬉しいことです。

 

ありがとうございました。

よかったらまた、見にきてくださいね。

 

 

 

 

 

kansou12:20 。。。。



2017/9/17

 

 

 

 

 

 

昨日からSUNNY BOY BOOKSさんでの個展が始まりました。

『新しいかけらと秋の仕草』です。

足元のぐずついた中さっそく来ていただいだみなさまありがとうございました。

 

サニーではオープン当初、『色を綴じる時』という私がライブで描いた絵を、

製本していただくイベントをしました。

絵がカットされ綴じるられゆく様子をみながら描き、1冊しかない本ができていく。

ライブで描くといくことの広がりを感じました。

 

その後、梅雨どきに『つゆ色のスカーフ』で、絵とスカーフの展示フェアをさせて頂きました。

布ものをつくることの果てしなさを感じたあと、初めてみる自分のスカーフに心が踊りました。

 

値段的に手軽ではないのに沢山の方が、わたしも欲しいと言ってくださったことが嬉しかったです。

少し先が見通せた、印象深い個展でした。

スカーフは、今回の展示でもすこしおいています。

もう同じ柄で作ることはなさそうなので、迷っている方はぜひよろしくお願いします。

 

 

それから2年たって、SUNNY BOY BOOKSもわたしもいろいろあって、

また戻ってこれて感慨深いものがあります。

店主のサニーさんは同世代で、同世代の仲間(と私はおもっている。)が、

がんばる姿というのは心うたれます。

私もまけてられないわよ、という気持ちになるし、

お互い満足になればいいなと思う。

 

そうして仕事で、楽しいと思える瞬間を増やしていけたらいいですよね。

何度も思うよ、年を重ねるっていいな。

 

 

今日はレイニーのタイフリーだけど、これからお店にいきますよ。

夕方にはそんなサニーさんとのラリーのラリーのくりかえし、

コラムの最終回の更新もあります。

 

はじまったばかりの新しいかけら、よろしくお願いします。

みなさまのお越しをこころより、おまちしております。

 

 

 

 

 

 

tsumoru12:32 。。。。