n o t e(夏と秋のあいだ)

n o t e(夏と秋のあいだ)




2018 09 17

 

 

イラストレーション・フェスティバルが終わりました。

たくさんの方に絵をご覧いただきました。

見てくれた方、買ってくださった方、

感想伝えてくれたあなた、ありがとうございました。

 

企画展の「3人の読んだ景色」から「星の王子さま」の絵。多角形。

個展「一瞬の初夏、」からの絵。ひらひらの紙。

個展「すべての天気の下で」から布の絵。

冊子、カード、レターセットの販売。

10名さま限定の「小さなライブペインティング」の2日間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とても良いイベントでした。

本当に参加できて良かった。嬉しかった。

絵を見てくれる時の、みなさんのいきいきした表情をたくさん見られたから。

 

小さいお子さん連れの方が多く嬉しかったです。

指さして「あお!」って。

どんぐりも拾ってくれました(床においていたんです)。

 

記憶の奥に残るといいな。

 

 

 

 

絵を描くときは独りです。

夜中まで自分に向き合って、絵の具まみれで。

そういう、独りの時間との、ものすごく逆の時間でした。

個展も逆の時間といえますが、

でもこの2日間では経験したことのないキラキラとした、

ずっと楽しい、ご褒美のような時間をいただきました。

 

イラストレーターさん、絵描きさんと搬入の時から同じ空間にいれて幸せでした。

なかなかみなさんとお話ができなかったのですが、

一緒に作れただけで充分に。

 

みなさん優しくて、おもしろくて、まじめなんだよ。

素敵な絵って、人生の積み重ねでできているんだなって改めて感じました。

絵がご本人に似ているのもいいな。

今はネットで作品をみることもできるけれど、

ご本人を知ると絵がもっと好きになるし、わかるね。

 

ゆっくりみたいから、個展にいこうと思います。

 

 

 

 

「小さなライブペインティング」は、

担当のkkさんが付けてくれた名前で、ぴったりですよね。

お客様とお話しながら、カードとご本人の雰囲気に合わせてひし形の額に色をつけました。

小さな時間の共有、楽しかった。

飾ってね。

(写真は告知用のもの)

 

手紙社のみなさん、ボランティアのみなさん、優しく丁寧で、すごいなあ、、と思いました。

イラストを伝えたい、楽しんでもらいたい!という気持ちが伝わってきました。

 

ほんとうにほんとうに、お世話になりました。

 

 

 

 

イラストレーション・フェスティバルに参加できて、勇気がぐんと出ました。

なんでかというと、、うまく書けるかな、書いてみます。

 

搬入をふくめた三日間、

私はやっぱり絵描きなんだ、って、よりわかる瞬間が何度かありました。

 

私は自分のことを、絵描きだと思っています。

絵が好きで、描いてきて、でもイラストももちろん好き。

イラストレーターの方をとっても尊敬しています。

絵とイラストを区別する必要はないとおもう。

どちらもすばらしい、これも本当の気持ち。

でも13年間、絵のことをやってきて、やっぱり違うとも、おもう。

私にできること、できないことを自覚したからかな。(それは良い事でした。)

だからイラストに尊敬がある、のです。

なんか、カタコトになってしまいました、、。

 

そしてまた、「でも」、ですが、

でも、枠をきめないで、描きたいものをおもいきり描こうと思います。

誰かがイラストって思ったら、私の絵もイラスト、

そういうゆらぎは好きだし、まざる自分になりたい。

だって夏と秋がまざる今の季節や、

夕日と青空がまざる時間は美しいもの。

 

2日間、絵を見てくださった方のいきいきとした表情を信じているから、

勇気がぐんと出たのでした。

私は絵が大好きさ。

 

また絵とともに、お会いしましょう。

 

 

 

kansou16:42 。。。。



 

2018 9 10

 

 

雨の夜、

イラストレーション・フェスティバルによせて。

 

 

週末、9/15、16にアーツ千代田3331で開催されます。

私は最近の原画といろいろな紙ものとともに一日中、ブースにいますよ。

くわしくはこちら。http://illustrationfestival.jp/

 

これはブースのイメージです。

絵をみている女の子。

 

 

 

 

 

準備が少しはやく終わったのでいまだと思い、モネそれからの100年 をみにいきました。

 

とても感動しました。

こんなふうに色が重なっているんだと思いました。

ちょちょっと描いておいたよ、といったふうな筆跡もあって、美しくてお茶目です。

「風景」ではなくて「絵」を描いているんだ、とわかりました。

感動を生活で楽しみたくて、マグネットを1つ、買いました。

 

モネさん、わたし新しい絵、描くよと思いました。

(※子どもむけの解説のようなものがあって、こう呼んでいました。モネさん。よい解説でした。)

 

 

 

 

イラストレーション・フェスティバル、

どんな方に見ていただけるかなと楽しみにしています。

 

私が描いているものはイラストレーションとは違いそうですが、

絵もイラストレーションも、感動する気持ちは一緒です。

活躍されているみなさんとご一緒して、

自分がどんな気持ちになるか興味があって、

イラストレーション・フェスティバルに出たいなと思いました。

 

 

どうぞよろしくおねがいします。

おまちしています!

 

 

 

 

 

tsumoru18:30 。。。。



2018 09 01

 

8月のブローチの感想を書きます

 

 

 

 

人生でもっとも暑さを感じた夏でした。

 

友だちに話すとみなうなずきます。

「うん。ほんとにそう。」

「冷房を消すことがなかった。」

 

私はその暑さのおかげのおかげさまで、いま体調が思わしくないのですが、

31枚の小さな絵から8月のことを振り返ってみようと思います。

8月も毎日、たまに、見てくださった方、ありがとうございました。

 

こちらに集合写真をのせています。

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

 

 

 

夏は夕日がいいですね。

 

いい夕方、美しい夕方です。

数日続けて、無意識に夕方色を描いていました。

9日〜11日ごろです。

家にいる時はなるべく夕日を見ています。

なにか満足する気持ちです。

 

 

8月で印象的なのは17日の夜。

 

外に出た時、涼しくて月はきれい、虫はスースースー。

風が気持ち良く、数秒目をつぶりました。

ずっと目をつぶっていたかった。

こんないい夜があるの?って思ったよ。

その時にみた、どこかの会社の入り口に咲いていた藤色の花。

一番うえの「こころ」にのっている絵です。

こころのうえにいつも絵を。

 

 

 

 

ブローチ以外の制作のほうは、

いろいろと同時進行していました。

 

私は帰省するところがないので、お盆は家にいるのが常ですが、

静かな東京もとっても好きで、

レターセットを作ったり、

冊子をミシンで綴じたり、

個展(11月です)の額を作ったり、

春の企画(3月です)を想像したり、していました。

もっとこういう時間をつくりたいから、

少し現実的な生活について考えたりも、した。

 

 

 

 

夏のがんばりのおひろめの最初は、

9/15、16のイラストレーションフェスティバルです。

まだ準備中なのでこのイベントへの思いはまた書きます。

遊びにきてくださいー!

 

自分なりの健康で9月を楽しみたいものです。

 

みなさんも、素敵な秋のはじまりを。

 

 

 

365日のブローチ = 小さな絵13:02 。。。。



2018 08 03

 

 

 

MA BO RO SI

 

 

7月の終わりの日曜日、

私たちはいつもの場所で、MA BO RO SIになった。

私は絵、彼女はお酒やジュース。

いつもの場所というのは国立の、circus。

 

夕暮れと共に現れ、夜更け前に消えゆく。

あるようでないような、それはまばたきの間の出来事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中でコースターに、色と名前を描く。

名前はあなたの名前。

みんなのコースターは今どこにあるのかな。

 

 

そうそう、メニューも作って、2人とも気に入っている。

お酒とジュースは、MA BO RO SIのためもの。

私はお酒のめないから、ジュースがおいしい時間にしたかったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

夜更け前に消えゆく。

 

 

 

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

 

(今度は当日ではなくて、事前に告知しますので、その時にまた、お会いしましょう。)

 

kansou22:02 。。。。



2018 08 01

 

 

7月のブローチの感想を書きます。

 

 

 

 

7月もご覧頂きありがとうございました。

31枚の小さな絵をあいかわらず毎日描きました。

 

集まりの写真はこちらです。

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

 

7月の中心は、個展のその後のことでした。

このその後のことが私はいつも時間がかかってしまう。

けれど大事なこと。

その後、とこれから、を行き来しながら、夏の世界を眺めブローチに記していました。

夏の花は生命力にあふれています。

百日紅も夾竹桃も、あなたたちのまわりだけ涼しそう。

 

「一瞬の、初夏」の冊子を作って、

museumshopTさんとSUNNY BOY BOOKSさんに納品しました。

この人ならお願いしても大丈夫と思える方がいて、なんと幸せなこと。

オンラインショップもあるので、遠方の方もぜひ。

 

 

 

 

絵を買っていただいだ方への額も作っていました。

額つくります、ということをしたのが初めてだったのですが、

喜んで頂けて嬉しかったです。

飾ったところのお写真もいただいて、作った甲斐がありました。

 

画家と額の関係は、画家の数だけ悩みがあると思う。

写真の方もそうなのかな。

私はずっと悩んでいて、

だから箱型の絵を描いたんだけれど、

今回はひとつ答えがでたと思っていて気に入っています。

 

 

 

 

つきの半ばは静岡の三島に、用事で泊まりで行きました。

初の家以外でのブローチでした。

友だちと、よっぱらった(友だちの)お父さんと楽しくおしゃべりしてごはんを食べあとに描きました。

お父さんがお薬をのんでいるあいだに、スススっと。

三島の楽寿園でみた緑。

旅、ほとんどしないので、家以外でのブローチの制作は今年あるのだろうか。

またやりたい。

そして静岡ってやっぱり好きだな。

三島って風のぬけがいいような気がするよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

月末はMA BO RO SIでした。

MA BO RO SIについては心をまとめ中。

 

8月もなんとか生きてゆきましょう。

あっという間に年末よ。

 

365日のブローチ = 小さな絵15:09 。。。。



2018 07 02

 

6月のブローチの感想です。

 

 

 

 

6月も、見てくださったみなさまありがとうございました。

30枚の365日のブローチ=小さな絵でした。

 

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

 

6月は、前半は個展「一瞬の、初夏」で初夏を満喫し、

そして梅雨に入り、季節をあじわいました。

 

個展中は私は毎日、ドキドキしています。

会場にいなくてもです。

(会場にいる時のほうが静かな気持ちかもしれません)

例えば、落ち着いて本を読むことができなくなるほどです。

 

マティスもシャガールもそうだったのでしょうか。

草間彌生もマヤさんも、オノ・ヨーコも今でもそういうことがあるのかな。

絵の先輩たちのことを想像する。

 

私はそのドキドキのさなか今年はブローチがあるので、6月も毎日描きました。

 

並べてみるとやはりざわざわしている感じもします。

今日はあの人が来てくれたな、

本買ってもらえて嬉しいな、

つぎはこうしよう、

絵、落ちてしまっていないかな、、

巡らせることがいつも以上に多くて忙しいよ、でも描く。

ブローチは毎日のことなので、ざわざわもひとつの絵、と思っています。

 

個展中に限らずですが、

私は未熟、間違っているかもしれない、けれど、眠ってまた明日のことやろうと、

毎日の小さな、YESを手のなかで繰りかえしているのがこのブローチなのかも。

その絵をきれいって言ってもらえたとき本当に、幸せ。

誰かがつけているところ、早くみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は落ち着いている絵にみえます。

とくに夏至は、夏至らしい絵がかけたなと感じています。

夏至という言葉がとつぜん好きになった。

 

月末に友人と夕方、道を歩いていたら、紫陽花をもらいました。

剪定を盛大にしているおばさんがいて、友人が「みて。」と。

うん、私もみていた。

ご近所の、歯のないおばあちゃんと並びながらたくさんいただきました。

いま我が家には紫陽花が楽しくいてくれています。

 

とてもきれいで、

とてもかなわないので、

この色を忠実に描くのではなく、

自分なりに色をだそうと思います。

実のところ、自分の性格について悩む日々がつづいていたのだけど、

そんなことをしていたら梅雨が一瞬で終わった。

悩んでいるんじゃなくて、考えている、にシフトすることにしてみました。

 

良い6月でした。

みなさんはどうだったかな。

 

良くても良くなくても、ザワザワもまじりゆく今年はつづく。

7月も毎日描きますので、お時間ある時に見てくださいね。

 

365日のブローチ = 小さな絵13:34 。。。。



2018 06 20 雨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一瞬の、初夏」、museumshop Tさんでの個展が終わりました。

ほんとうに初夏、一瞬でしたね。

 

見に来てくださったみなさま本当にありがとうございました。

貴重なお時間を頂いて嬉しかったです。

たくさんの方とお話しできて楽しかったです。

 

 

 

 

軽い紙を使い、壁から浮かせた展示にしました。

初夏の絵は空気をふくむ、軽いものにしたかったからです。

みんなが歩くと少しゆれました。

 

春から初夏、梅雨の始めの絵です。

 

このような時期の自分の気持ちの絵です。

季節も、日々も、生きるかぎりつづく、グラデーションのなか。

私は絵で切りとって描いて、みなさんに見ていただいたのでした。

来年の初夏はきっとまた、ちがう気持ちです。

 

季節を感じた時の気持ち、をテーマに描くことはまだつづけようと思います。

それって季節の情景を正確に描き写すこととはちがうので、

自分の状況にもよるし、苦手な季節も絵でかいてみたら違う面がみえたり、

前向きになれるのでいいなあと思っているところです。

 

 

 

 

今回は額のオーダーもお受けしました。

こんなようすの額、私が手作りします。

絵を買ってくださった方々ありがとうございます。

楽しみにおまちくださいね。

 

 

 

 

私は個展って、見に来てくださった方とお話するうちに、

「私こういうつもりで描いたんだ」と思うことがよくあります。

 

心のなかのことを具体的に言葉にしだすということかな。

だから個展の完成は2回あるとおもう。

搬入の日と、最終日。

 

 

 

 

例えば、ピンクの話。

ピンクがいっぱいの絵って今までなかったですねという話になって、

実際の花をみて感動してあの色を描こうと思って使った色なんですよ、とか。

 

例えば、ぜんぶ女の子が真ん中にいるねという話になって、

真ん中にいる、というのは初夏にまっすぐ手をのばすように、

主役を主役にするという気持ちからだよ、とか。

 

話しながら出てくる言葉だから、会話といえば会話で、絵の正解とは違うのだけど、

そういう時の気持ち、あれなんだろう。

楽しい気分。

やっぱり考えるのが好きなのかな?

 

ほかにも色々あったけど、面白いなと思ったのは、

「止まっている」「動いている」、どちらも感想で聞けたことです。

なんでかなって考えたけど、これは次の絵につなげてみたいと思うので心にしまってみます。

 

そしていつも聞かれるけれど、

今回一度もご質問がなくハッとしたこと、絵にお話はあるんですか、です。

私がやりたかったこと、ひとつの空間で絵の流れを描くこと、

みなさんに伝わったんだなと思って、とってもとっても嬉しかった。

 

読み取ってくださって、ありがとうございました。

絵をみることってそれなりにパワーがいることだと思うので、

ただただ、嬉しいな、、という気持ちでした。

 

 

 

 

 

 

お花を友人にお願いしました。

 

彼女は期間中なんども足を運んでくれました。

 

circusさんにクッキーをお願いしたことでも思ったけど、

花や食べ物には鮮度というものがあり、

それを生業にしている人たちのこまめな繰り返しのおかげで、

おいしいなとか美しいなって楽しませてもらっているんだって、

近くにいてとてもわかりました。

 

友人が花を活けているあいだ、印象的だった一瞬があって、

それはグラフィックデザイナーのマルヤマさんと、

本の店長さんと、花の友人がそれぞれの仕事に没頭している長い、一瞬。

私は椅子に座って、その仕事の海にただようばかりで、幸せでした。

 

大人は最高なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

この季節は一瞬、髪を結ぶ動作のように。

そして、髪は雨をうける。

夏にむけて、体に水をたくわえる。

 

よかったらまた、見に来てくださいね。

今年はまだまだ、描きます。

その時はまた、よろしくお願いします。

 

 

kansou23:19 。。。。



2018 06 03

 

5月のブローチの感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

5月もご覧頂いただきありがとうございました。

 

31枚の絵をかきました。

 

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

 

 

5月は、、5月は、、

 

個展のことばかりしていて毎日のことが思いだせないのですが、

今こうしてぶじ個展が開催できていることと、

DMを出してみなさまに足を運んでいただいていること、

ブローチが生まれていることを見渡すと、

繰り返し生きていたのだなと思いました。(毎月この感想ばっかり)

 

今回の個展は初めてお会いする方も多く、ブローチ楽しみにしていますと、

言ってもらえて嬉しい毎日。

 

ご自分の誕生日の日のブローチの画像を見せてくれたり。

好きなイラストレーターの方が来てくださって、

清水さんおかしいんじゃないかって言ってくれて笑ったり(かなり嬉しかったー)。

その方も毎日、花の絵を描いているのです。

 

自分を支えるためにやっていることは、自分をすくう、と思います。

そのうえ、誰かに伝わるともっと嬉しい。

こういった個展の場で、これからも楽しみにしていますと、

伝えてくださる素直さかわいらしさにじわじわと感動しているところです。

 

楽しみにしているものを楽しみっていえることは、すごくよいことだよね。

 

 

 

 

この大きな団地の花壇の手入れは誰がやっているのだろう?

いつもきれい。突然あたらしいお花が植わっていたりする。

なにか団地の組合でスケジュールがあるのかもしれない。

とも思うけど、ないと思う。

花壇をよく見て、天気予報を確認して、

涼しい時間に土のにおいの中、だれかがやっているのだろうな。

感動しちゃうよ。

 

花が好き、花のため、というのもあると思うけど、

そこには自分のためいう気持ちも含まれるのではないかしら。

花に触れると落ち着く、とかいい気分、とか。

 

自分のため、は自分のためで終わってもいいのだけど、

どうやってもこぼれおちる、まわりへの影響があるならば、

私は美しいものをこぼしたいかなあ、と花壇の先輩の仕事をみて、おもう初夏でありました。

 

 

個展「一瞬の、初夏」は6/10まで、国立のmuseumshop Tさんにて、

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

365日のブローチ = 小さな絵11:01 。。。。