n o t e(秋)

n o t e(秋)




2017/10/1

 

 

10月になりました。

 

 

 

 

 

SUNNY BOY BOOKSでの個展「新しいかけらと秋の仕草」が終わりました。

 

絵を見にきてくださった方へ、ありがとうございました。

とっても楽しく、さまざまな気持ちになりました。

 

絵や、新しい本と画集や、おきもの、レター、スカーフ、カード、

買って下さったみなさまありがとうございました。

生活のなかで、楽しんでもらえたらうれしいです。

 

(新しい本はうりきれてしまいました。

うれしいな。

増刷したらまたおしらせしますね。)

 

 

 

 

 

 

新しい絵はかけらのかたちの絵でした。

 

何かを思いだすのが好き。

秋はとくに、思いだす季節です。

年中、私にとって思いだすことは大切なこと。

記憶が大きな面だとしたら、思いだす場面だけ、かけらのように浮かぶ。

何かを思いだして、今をかみしめることが、生きる味。

 

リンゴの蜜みたいな感じ。

 

 

 

 

 

 

今回は人生いち長く感じる個展でした。

 

サニーの外のガラスに搬入の時に白だけで絵をかきました。

 

リンゴと女の子の絵なんだけど、

在廊に来るたびにリンゴを赤くぬりました。

それはさまざまな気持ちで描く時間でした。

個展中は時間がなびくのによく気付けます。

笑いながら、泣きながら、ぼんやりしながら、おしゃべりしながら。

それをリンゴの赤にこめてきゅっきゅとぬりました。

 

 

リンゴがリンゴだとわかるくらいにはっきりぬることができたように、

今回、はっきりできたことがいくつかあります。

それは個展にむけてコラムを書かせてもらったことで得られたことです。

 

青やそのほかの色のこと。

 

絵のなかの「おんなのこ」の存在と、

そこから始まる私とあなた。

 

最近、興味のある季節について。

 

子どものころの性格や絵にまつわること。

 

質問スタイルは店主のサニーさんにお願いしました。

時間をたくさん使ってくださったのだなとわかる、

ご質問と感想を毎回いただいたことがありがたかったですし、

個展の準備として書くことで、

じっさいの期間中にはみなさんからいただいた感想を、

より、すっとすなおに感じとることができました。

 

言葉にしてこなかったことを言葉にして、

心の真ん中がどっしりしたのかな。

 

真ん中がどっしりするとそのまわりが風通しがよくなるイメージ。

 

ことばがそこにすっとはいってくる。

 

(コラムここでよめますよ。

http://www.sunnyboybooks.jp/author/miku-shimizu/

 

 

言葉にしない曖昧も好きだけど、はっきりもいいものですね。

曖昧はやきいもみたいで、はっきりはぶどうかな。

秋の味覚で例えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵をみてくれる方が、同じ絵をみているのに、

それぞれ気付くところがぜんぜん違うのがおもしろい。

 

毎回みてくれる方が今回の絵でそこに気付いてくれたんだ、とか。

例えば目に色が入ったね、とか。

 

ぱっとみて人物に目がいくひとといかないひとがいたり。

色が好きといってくれたり、線が好きといってくれたり。

線の色が紫と気付いてくれたり。

楽器演奏する絵すごくむずかしそう!と楽しそうに。

(むずかしかったです!)

 

それぞれだけど、秋のここにいるのは同じ。

ここで生きていることは同じ状態だなって思う。

 

 

私は個展が終わった翌日はとても幸せな気持ちになります。

心が充実していて、頭があまりはたらかないから、心がでてくる。

ごきげん。

ごきげんってとってもいいな。

 

またいつか思いだす、今日。

パレットで色つくりながら、

世界堂で画材を選びながら、

プリンターで印刷しながら、

思いだそう今日を。

 

新しい思い出、新しいかけらたくさんできました。

 

絵をみてもらうことって私にとって、まるつけていただくような嬉しいことです。

 

ありがとうございました。

よかったらまた、見にきてくださいね。

 

 

 

 

 

kansou12:20 。。。。



2017/9/17

 

 

 

 

 

 

昨日からSUNNY BOY BOOKSさんでの個展が始まりました。

『新しいかけらと秋の仕草』です。

足元のぐずついた中さっそく来ていただいだみなさまありがとうございました。

 

サニーではオープン当初、『色を綴じる時』という私がライブで描いた絵を、

製本していただくイベントをしました。

絵がカットされ綴じるられゆく様子をみながら描き、1冊しかない本ができていく。

ライブで描くといくことの広がりを感じました。

 

その後、梅雨どきに『つゆ色のスカーフ』で、絵とスカーフの展示フェアをさせて頂きました。

布ものをつくることの果てしなさを感じたあと、初めてみる自分のスカーフに心が踊りました。

 

値段的に手軽ではないのに沢山の方が、わたしも欲しいと言ってくださったことが嬉しかったです。

少し先が見通せた、印象深い個展でした。

スカーフは、今回の展示でもすこしおいています。

もう同じ柄で作ることはなさそうなので、迷っている方はぜひよろしくお願いします。

 

 

それから2年たって、SUNNY BOY BOOKSもわたしもいろいろあって、

また戻ってこれて感慨深いものがあります。

店主のサニーさんは同世代で、同世代の仲間(と私はおもっている。)が、

がんばる姿というのは心うたれます。

私もまけてられないわよ、という気持ちになるし、

お互い満足になればいいなと思う。

 

そうして仕事で、楽しいと思える瞬間を増やしていけたらいいですよね。

何度も思うよ、年を重ねるっていいな。

 

 

今日はレイニーのタイフリーだけど、これからお店にいきますよ。

夕方にはそんなサニーさんとのラリーのラリーのくりかえし、

コラムの最終回の更新もあります。

 

はじまったばかりの新しいかけら、よろしくお願いします。

みなさまのお越しをこころより、おまちしております。

 

 

 

 

 

 

tsumoru12:32 。。。。



2017/8/19

 

 

 

最近は、9月の個展のことをやっています。

学芸大学駅のSUNNY BOY BOOKSで「つゆ色のスカーフ」以来、

2回目の展示フェアです。

 

絵を描いたり、コラムを書いたり(サニーさんのサイトで掲載中。)、DMをつくったり。

途中まで描いた絵を傍らに見ながら、コラムを書く、DMのこまかいことを決める。

コラム完成する、絵の続き描く、、。

途中と完成を繰り返して、だんだんできていく個展です。

 

この上の写真と、下の写真の一部は途中の絵なんだけど、途中の魅力ってあるなと思う。

(この前、紙のhaseさんとも話してた。

haseさんの途中もいいだろうな。

haseさんは友達です。)

前だったらここでやめていたけど、もっと色をぬりました。

ぬりたいと思ったので、ぬりました。

 

 

色といえば、コラムの1回目には色について書きました。

 

毎回質問をSUNNY BOY BOOKSのサニーさんからいただいて、

それに答えるかたち。

どんな質問がくるかわからないし、

今まで言葉にしてこなかったことを言葉にすることは、簡単ではないけれど、

私こうだったんだなってわかるのがいいです。

 

うまくまとめようとすると無理な力が入ってしまうから、

うまくまとまってはいませんが、

読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

引っ越しも落ち着いて、周辺の季節の変化を楽しんでいます。

家の周りには誰かが育てているお花がたくさんある。

もともと植わっている木のあいだに、誰かが育てているお花が咲いている。

その混ざった感じが人間くさくて楽しい。

お花を植えたり手入れをしたり、ひそかに繰り返すその気配に尊敬。

 

 

個展のタイトルは、新しいかけらと秋の仕草、です。

 

よろしければ、ぜひ見に来てください。

 

 

 

 

 

 

 

tsumoru13:39 。。。。



20170617

 

 

 

 

 

最近描いていた絵 途中の写真

初めてのことと、今までの結局やめられなかったことがまじって、

どうなるかわからなくて描きながらドキドキしたな。

 

 

 

 

 

完成は、

SUNNY BOY BOOKSくん4周年の yom,yom sunny exhibitionで展示中です。

上から反時計回りに、

読むの色 みんなで読む色 読むが重なった色 

 

写っている絵、左は箕輪麻紀子さん、上はカナイフユキさん。

なんか合っているなーいいなーと思っています。

みんなの絵の下に貼ってあるのは、よむよむステッカー、8人の絵が入って700円。

 

サニーでは9月に個展をさせていただきます。

でもそれは関係なく選んでくれたんだって。嬉しいね。

 

思い出も信頼もある場所なので展示できること、光栄な気持ちを胸に、

同時に個展にむけて楽しく実験しながら、一生懸命描きました。

おめでとう。

 

 

 

 

 

 

 

4月に11年ぶりのぞろ目33歳になったのですが、

今年の誕生日は引っ越しでした。

とても風がぬけて、空が大きくて、またこの部屋で絵をがんばろうと思います。

 

近くに大きな木があって、葉のこすれるざわざわ音します。

引っ越して数日たって、「聞こえていることに気付いた」。

この音すごくいい。

安心の音です。

 

木には鳥がたくさんきます。

鳥はよく見てみて、口ばしがオレンジで、調べたら種類はムク鳥だとわかりました。

毎日見ていると、

木のてっぺんで責任感じているようなムク鳥とか、

電柱の穴が気になっているムク鳥とか、

電線にてっぷり座っている(どうやっているの)ムク鳥とか、

一人一人ちがうことがわかった。

 

ただの鳥、だったものがてっぷり座っているあいつ、に変化しました。

身近になるの楽しい。

 

ここはとても古いけれど、生まれて初めての景色の良い部屋で、

ぜいたくだなぁ、、と感じています。

夕日をじっくり見るなんてこと、私にはできないと思っていたので、

家にいる日は美しいグラデーションを遠くみて、

これがあれば充分幸せ、なんて思っています。

 

kansou21:23 。。。。



2017/3/29

 

先日、circusでの個展『レターと春の顔』が終わりました。

見に来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。

いつも思うんだけれど、みんな忙しいのに時間を作って見てもらえて本当にありがたいな。

私も見たいものは見に行こう、と思います。

みんなみたいに、着替えて、電車とか高速バスに乗って、人とか絵とか見たいものに、会いにいこう。

 

今回、レター(手紙の雰囲気、手紙にまつわる、レターセットやポストカード)と

春の顔(私たちは、冬が終わり、春の顔になっています。

去年の春ともちがう顔、少しづつ進む生活。

それはみな独特なものなのだと思います。

それが良い状況であっても、好ましくない状況でも。曖昧とした今でも。)、

と、いうことでした。

 

みなさん、新しい絵とできたてのカードやレターセット、楽しんで頂けたかな?

私は楽しかったです、とても。

 

みんなカードを手に取って、原画の前にかざしたり、

箱のような額と合わせたり、

1枚、2枚、手に持って、1つもとに戻して、もう1枚ちがうものを手にとって、、

カードが光る、きらきら(そばには、花の瓶の透明)。

私には、美しい景色に見えたよ。

こんなふうになるんだなぁ、、なんて思いました。

自分の想像の一歩先、です。

 

カードと合わせて選ぶ『箱のような額』も好評でした。

平日はその場で真っ白の額に色をつけた。

ドキドキするけど、いい気持ちで描けました。

カードを貼る時は静かな気持ち。

カード←→原画、中間の存在と、

みんな嬉しそうな春の顔。

忘れない春の顔。

 

circusでの個展は2回目で、circusがcircusになる前から、お店のカードを作ったりしていました。

最近は、お互いの得意なことでこうやって仕事ができてとても楽しい。

今回も日祝限定の『喫茶circus』でお世話になりました。

ほんと大人になるっていいなー。

こういうことができるようになるから。

子どものころに思っていたより、もーっとおもしろいな。

あなたの成長が嬉しい、これからもよろしくね。

 

つぎはsunny boy booksで秋の個展です

なになにと『秋の顔』です。

秋の新しい絵を描くのが楽しみ。

山吹色とか、ぶどう色、、新しい青、、。

そのころは私たちはきっと秋の顔ですね。

 

 

(写真などをこちらにまとめています。

http://shimizumiku.com/works_exhibition.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kansou18:39 。。。。



2017/3/15

 

 

 


 

 

circusでの個展「レターと春の顔」、はじまりました。

20日の春分の日までです。

ずっとお天気みたい。

 

早速、見てくれたみなさま、

カードやレターセットを買って下さった方へ、ありがとうございました。

私はまず自分のために描いているので、

そういった内向きの絵に興味をもって下さることが嬉しいです。

最終日までよろしくお願いします。

 

 

写真は上から、

 

新しい絵の一部。沈丁花、木蓮、蠟梅。

カードを額装したようす。

初めて作ったカードの面々。

箱のような額。これにカードを飾ってね。

(18日まで限定で、ご希望の方にはその場で色つけ、します。)

 

私は毎日在廊しています。

みなさまのお越しをこころから、お待ちしております。

 

 

 

 

個展がぶじに始まってほっとしている。

何度やっても、ワクワクドキドキする。

(いま数えたら今回で10回目の個展でした。)

個展はあきることがない、なににも似ていない独特な感じ。

すごく集中する。

気持ちが大きな波みたい、でもしずかな湖みたい。どっち?

今回はなぜか自分に野生を感じる瞬間が多かったよ。

 

夢中になれるものが1つでもあって、本当にありがたいです。

大事にしよう。

tsumoru02:38 。。。。



2017/2/9

 

 

 

 

3月に展示があります。

 

この冬は、その準備をしていました。

年末年始も絵のことで頭がいっぱい。

おそばは食べたよ。あとお寿司も。

 

2016年は、10周年の本ができた思い出色濃い春、

にじ画廊の夏から、静岡の秋。

情熱をそそいだ日々でした。

良い生活の変化もあって、たいへんだったけれど、とっても楽しかった。

沢山の方に絵を見てもらえて嬉しかったです。

 

今は、新しい絵を描いています。

春の絵。

黄色、黄緑、緑、、新しい芽の色、、。

 

この2月から春に向かう時期が好きだ。

日曜日なんかのお昼に、ベッドで眠るかたちで目をとじる。

目をとじていても窓からはいる光を感じます。

「そろそろ生まれようかな」、

私は春生まれなので、こんな日は、母のおなかの中で光を感じる記憶がよみがえるようです。

 

 

展示よろしくおねがいします。

DMができていないので、またお知らせは後日します。

よい冬の終わりを。

 

 

 

 

 

 

 

 

tsumoru03:27 。。。。



2016.10.27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真/名倉さん

 

 

 

ARTS&CRAFT静岡手創り市終わりました

見てくださったみなさま、ありがとうございました

 

不思議な秋の二日間でした

心をまとめるのに時間がかかってしまいました

すっかり秋

 

どんな個展やイベント、絵のお仕事、どれも楽しく反省もあります

碧雲の庭ももちろん、そういう思いはあるんだけど、

それがあるうえで不思議な気持ちがあります

 

なんでかというと、2日間とも雨が降った(そして昼から晴れる)という天気のことがあります

予定していたことができなかった部分があります

それでもその中で、いわもとさんと一緒に表現することに力をそそぎました

私個人としては、自分の中の強さに出会えたことが良かったなと思います

雨の中でも描き続けようと思って、実際に描くことができたからです

絵描きとして来てるから、ってね

 

自然の中で表現をするということは、

そういう思いもしない強さ弱さに会えるのが面白いかも、と思いました

そこから学ぶ、体で学べるんだなー

 

不思議さは不思議のままで良いとしても、できなかったことがあるなあって思うから、

それはまた今度、どこかでできたらいいなといわもとさんと主宰の名倉さんと話していました

「そのころはみくさんの色も変わっているだろうしね」っていわもとさん。

そっか!変わっていくんだ

色は変わっていく、、

ブーケのお花の色が変わっていくように、、

そしてそれはとってもいいな、って思える

 

 

家の中で描いた絵も、

自然の中で描いた絵も、

いわもとさんの手によって、

それぞれ素敵なブーケになりました

 

それぞれがそれぞれの家に旅立った

みなさまの彩りとなりますよう

 

 

 

いわもとさんの作業が近くで見れて、

スタッフさんやお客さまとお話できて嬉しかったです

手創り市終わって、行ってみたかった三島でひとり、旅をしたんだけど、

三島もとっても好きになりました

去年の画集の準備から、ずーっと走っていたから、ちょっとゆっくりできたよ

おすしも食べたのです

 

 

 

静岡は私にとってとてもポジティブな場所です

また絵をもって行きますので、よろしくお願いします

 

 

 

 

 

 

写真/米澤あす香さん

 

 

kansou23:07 。。。。




c a l e n d a r
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

d a y

a r c h i v e s

c a t e g o r y

l i n k