よむ、よむ、と、引っ越し | n o t e(秋)

n o t e(秋)




<< レターと春の顔、おしまい | main | 個展のこと、気配に尊敬 >>

20170617

 

 

 

 

 

最近描いていた絵 途中の写真

初めてのことと、今までの結局やめられなかったことがまじって、

どうなるかわからなくて描きながらドキドキしたな。

 

 

 

 

 

完成は、

SUNNY BOY BOOKSくん4周年の yom,yom sunny exhibitionで展示中です。

上から反時計回りに、

読むの色 みんなで読む色 読むが重なった色 

 

写っている絵、左は箕輪麻紀子さん、上はカナイフユキさん。

なんか合っているなーいいなーと思っています。

みんなの絵の下に貼ってあるのは、よむよむステッカー、8人の絵が入って700円。

 

サニーでは9月に個展をさせていただきます。

でもそれは関係なく選んでくれたんだって。嬉しいね。

 

思い出も信頼もある場所なので展示できること、光栄な気持ちを胸に、

同時に個展にむけて楽しく実験しながら、一生懸命描きました。

おめでとう。

 

 

 

 

 

 

 

4月に11年ぶりのぞろ目33歳になったのですが、

今年の誕生日は引っ越しでした。

とても風がぬけて、空が大きくて、またこの部屋で絵をがんばろうと思います。

 

近くに大きな木があって、葉のこすれるざわざわ音します。

引っ越して数日たって、「聞こえていることに気付いた」。

この音すごくいい。

安心の音です。

 

木には鳥がたくさんきます。

鳥はよく見てみて、口ばしがオレンジで、調べたら種類はムク鳥だとわかりました。

毎日見ていると、

木のてっぺんで責任感じているようなムク鳥とか、

電柱の穴が気になっているムク鳥とか、

電線にてっぷり座っている(どうやっているの)ムク鳥とか、

一人一人ちがうことがわかった。

 

ただの鳥、だったものがてっぷり座っているあいつ、に変化しました。

身近になるの楽しい。

 

ここはとても古いけれど、生まれて初めての景色の良い部屋で、

ぜいたくだなぁ、、と感じています。

夕日をじっくり見るなんてこと、私にはできないと思っていたので、

家にいる日は美しいグラデーションを遠くみて、

これがあれば充分幸せ、なんて思っています。

 

kansou21:23 。。。。