diary(冬)

diary(冬)




2019 08 04

晴れ

 

7月から8月にかけてのことを書きます。

ムクゲ、牡丹臭木、夾竹桃、芙蓉が咲くこのごろ、

夕方のうつくしさはみごと。

 

「七夕、2人のグラス」が終わってから、その後のこまごまとしたことをしました。

天の川の雫ブローチを新たに作ってサニーさんに送った。

買ってくださった方、ありがとうございました。嬉しいです。

 

SUNNY BOY BOOKSのサニーさんはとても気のいい人でグラスや、

ブローチが完売したことを嬉しく思ってくれて伝えてくれる。

それでまた嬉しくなる。

私は作ったものが、誰かにとっていいな、きれいだなっていう心に響くことが嬉しい。

 

サニーさんは自分がいいなって思う本が売れると嬉しいけれど寂しくなって、

その空いたところにまたいい本をおかなきゃって思うと言っていて、心にのこった。

展示中はそんな話もできてよかったです。

最終日、夜、グラスを郵便局へ発送しに行った帰り、くるりの歌を交互にうたっていて、

「東京」は、遠距離恋愛の歌だ、いや成就しなかった恋の歌ではないか、と話した。

 

 

/

 

 

月末は仙台にいってきました。

 

3つのお店にいって、器と、本1冊、本2冊買った。

どのお店もお会計の時、ワアって感じで嬉しそうにしてくれて私も嬉しくなった。

(いいなと思ってもらえると嬉しいものね。)

素直な反応に出会うとほっとする。

 

本1冊は読み終えて、2冊は絵を描く時に参考にする用だからこれから関係が始まる。

「季語の成り立ち辞典」「風と雲のことば辞典」です。

離れられなくなったから、買った。

 

器は今、お米のとぎ汁で煮ています。

そのとぎ汁の、「でどころ」のごはんも炊いているので部屋があつい。

今日は栄養のあるものをつくる。

器はグレーに青がちょっとにじんでいて、貫入がたくさん入っていてきれいです。

器はある時、私はそろそろ器をちゃんと集めようと決めて、ゆっくり買っています。

これから家にいる時間が増えると予感した時、決めました。

 

仙台へは兄夫婦の結婚式へ行ってきました。

兄が結婚できるとは、とすべての妹が思う感想を私もいだきつつ、

お嫁さんはかわいいし、仙台は良いところだし、楽しく過ごしました。

 

お嫁さんが歌をうたった。

花嫁が歌をうたう披露宴は2回めで、前回も楽しく、感動して、

今回も同じ気持ちになりました。

人生一番のハレの場で、しずしずとしているのではなくて、

力強く全身で、音楽という芸術で今日を表すことに感動する、のかな。

花嫁が本気でうたう披露宴が好き。

 

帰宅した数日後、松岡さんから絵葉書が届いて(「しのつく人」を送ったお礼)、

仙台に行ってきたよ、と書いてあってぐうぜんに驚いた。

松岡さんは友だちです。

 

あと最近のことは挿絵のお仕事の絵を描いたこと、

アートワークをした影山さんCDのリリースが楽しみなこと、

年末の個展への準備はじめましたのこと、

福岡の「ナツメ書店」さんで新しく本のお取り扱いが嬉しい、ということです。

福岡にもあそびにゆきたい。

 

さくらももこさんがエッセイで、

「どんなに時代が進んでも、個人の力は変わりません」と書いていて、

読んだのは10年くらい前かな、私はとても前向きなことばとして捉えてて、好きで。

 

個人の力、そのことをよく、考えます。

 

tsumoru00:17



2019 07 14

 

 

七夕周辺のこと。

 

 

 

7月9日に、SUNNY BOY BOOKSでの、

sunny pop up 「七夕、2人のグラス」が終わりました。

梅雨まっさかりのなか、お時間をいただきましてありがとうございました。

 

今回ははじめてのpop upでした。

年末年始にSUNNY BOY BOOKSでの個展が決まっていて、

その前にpop upやりましょー、と店主のサニーさんがさそってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペアグラスは、直接えがく一点物だったので、

pop upのイメージとは少しちがったかもしれませんが、

私なりの楽しい時間、ゆたかな時間のpop upになりました。

透明なもの、曲がったものに描くことは楽しかったです。

 

ほのかな願い、ペア、未来の恋などがテーマでした。

 

お時間が許すかぎり、お話させていただきました。

未来の恋のために、

自分のバランスを知る、

自分のこと(私は絵)をやる、

というのがいまできる準備や、動きなのかなと思います。

 

これって未来の恋に関係なく、いつも思っていることでした。

みんないつか乾杯できますよう。

 

また年末に、SUNNY BOY BOOKSでお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

(天の川の雫ブローチ、購入してくださった方ありがとうございました。つけてね。)

 

 

 

そして、

7月7日までだった、浦和パルコさんでの

手紙社がやってくる「アクセサリーパーティー」のことを。

私はメインビジュアルと、ワークショップでお世話になりました。

 

会場で大きく絵を使っていただいたことが初めてで、感動しました。

浦和パルコさん、手紙社のみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークショップは、1日だけ開催しました。

 

「願いをこめたブローチづくり」です。

 

お客さまと、わたし、一対一の時間でした。

お客さまに願いごとをブローチに描いていただき、

私がその上に色をぬりました。

 

初めてお話するのに、パーソナルなことを聞かせていただき、

普段ないような楽しい時間でした。

願いごとはだれにも秘密です。

 

描くことをとおしてさまざまな人生が知れる、絵が私は好きです。

 

こころにのこる、今の七夕でした。

 

kansou20:46



2019 05 21

雨/嵐

 

Villageが終わりました。

ありがとうございました。

 

私はあれから、東京にもどって、月曜日は丸一日眠っていました。

 

起きたら今日は嵐であった。

つい三島の天気予報をみてしまう。

三島も雨かあ。木だいじょうぶかな。カラスはじっとしているかな、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「結わえる絵」は、たくさんたくさんの方にご覧いただきうれしかったです。

褒めてもらえてうれしかったので、私もたくさん人のことを褒めたい。

 

誰がつくったかを知らなくても、きれいだねーって見上げたり、

写真を撮っているようすを見れて、絵がまっすぐ届いたー、と思いました。

 

あの絵は、大きな絵を描いて、カットしてつくりました。

950枚くらい。

ヒモにつける作業もふくめて10日でした。

こういうことが自分はできるんだって、

自分のことがより、わかりました。

絵を切ることは、切るとわかっているので大丈夫です。

たくさん切るのはすっきりしました。

清の気持ちでした。

 

「結わえる絵」はかろやかな結界、です。

結界は清と俗をわけるものみたい。

 

女が元気な商店街は、お久しぶりに会う方もいてうれしかった。

みんなきりっとしていてかっこいい。

準備も早い、、なごやかだし、、すごいな、、。

一緒に働けて、光栄でした。

 

 

 

 

 

 

「結わえる袋」では、たくさんバッグに絵を描きました。

 

楽寿園の今の季節のみどりを参考に描きました。

絵を描くところも、たくさんご覧いただきました。

 

予想よりもたくさんの方に買っていただき、おどろきました。

お出かけに連れて行ってもらえたらいいな。

絵にお財布とか、ハンカチとか、本とかいれるんだよね。

たのしいな。

自分でも使ってみます。ワクワク、します。

 

私は画家なので、原画からはなれないようにと思っています。

はなれたら、戻ってこれないような気がするのです。

 

テーマがないとグッズがつくれない性分です。

手作りのものが多いので、

たくさんつくれませんし、

また同じものをつくることがあるかもわかりませんが、

今つくりたいものを、楽しくつくっています。

ご興味ありましたら、またご覧いただけたらうれしいです。

 

 

 

 

 

 

Sさんにもってもらったようす。

「こぶし」の木のバッグ。

 

 

最後に描いた、新しい感じの絵。

 

 

 

今回も、遠方から来ていただいたみなさまありがとうございます。

たくさんお時間をいただきました。

 

スタッフのみなさんにもたくさん親切にしていただきました。

 

つめに入った絵の具もうすまりつつあります。

 

暑い季節がきますが、また健康にきをつけてがんばります。

次は、6月〜7月にSUNNY BOY BOOKSです!

 

kansou20:30